読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無記名ドットコム

問われて名乗るもおこがましい

芸術祭十月大歌舞伎

伝統芸能 舞台 歌舞伎 感想まとめ
10/18歌舞伎座夜の部行ってきた。


阿古屋

阿古屋はこういう役。
出てきた瞬間から劇場中がほぅ…とため息をつく玉さま(御歳65‼︎)の美貌。
この遊女のもこもこ衣装でお琴と三味線と胡弓という、三種類の楽器を生で役者自身が弾き語りをしなければいけない難しい役。

お琴の時ほんと左手ばっかり見てた。

二番目の三味線がやや微妙…?


最初の方で「こいつ(阿古屋)を水責めにしろ」と命令されて、ひゃっひゃっひゃっと奇声を発しながら桶を逆さに被ったり棒持ったりしてる変な人が大量に出てきて、しかもすぐ帰っていくので、彼らの存在意義を作者に問いたい。


髪結新三

鰹売按摩蕎麦屋の屋台etc…
歌舞伎には当時の暮らしの生きた参考資料が詰まってて、そういうところも結構面白いかもしれないなぁと
この作品を見るたびに思う。


主人公の新三は、知り合いの恋人お熊さんを拉致り好き勝手した挙句騒ぐのがうるさいと縛り上げて戸棚に押し込めるという…

見ていただければわかりますが大変ゲs(ry



鰹売がこの芝居の季節感と当時の風習を表すいいポイントになっているのだが、今回はこの役を大御所菊五郎さんがごちそう(ドラマでいう友情出演枠)で出てやった結果、
かーつぉー かっっっつぉーーー
という江戸っ子らしい売り声が
か〜つぉ〜 かっっ↑↑(裏声)つぉぉぉぉ
という文字化困難な売り声になっていて笑った。あんなんで鰹売れるのか心配。

歌舞伎座には一幕見席という当日並んで買える席があるので、いきなりチケットを買うのを躊躇う方は一度試してみては。
今月はこんな感じ。最近は観光客も多い。
幕見でもイヤホンガイド借りられます。


〜10/21追記〜
新三が大家さんの「鰹は半分もらったよ」の意味を考える場面。
松緑さんは目を見開いたまま止まり…大家の顔をじっと見…お金をじっと見…大家の顔をじっと見てた。
勘三郎さんの新三は全体的によく動くから笑、あそこもフリーズした後首傾げたり表情が変わったりしてたと思う。

松緑新三「・・・・?」
勘三郎新三「?????」
って感じの違い。
松緑さんがあのギョロ目できょとん、とするのが面白くて、あそこ好きだった。
役者が違うとこういうところも変わるんだな、という覚書。