読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無記名ドットコム

問われて名乗るもおこがましい

『ギャラクシー街道』は観てもいいじゃない

SMAP 感想まとめ 映画
映画『ギャラクシー街道』見てきた。
f:id:ash105:20151108030056j:image

「〜は観るな‼︎」という記事があるらしいのでタイトルだけ便乗。(記事は読んでない)
観る前から好評記事も酷評記事もあまり読まないようにしていたのだけれど、ネットでは当初随分な叩かれ様だったらしい。

だろうな、と思った。
だって何にも残らないからね‼︎‼︎
見た後の私の感想。


映像の三谷作品を網羅してるわけじゃなく、舞台だと『国民の映画』(2011年・震災後のガラガラの客席の最後尾で観た思い出)が一番好き、という中途半端な見方しかしていないから、三谷作品のファンとも言えず批評なんて到底できない。

そんな人がギャラクシー街道観て思ったのは

「なんか笑った気がするけど何も残らないね‼︎」

だった。

でもこの映画に関しては、それが褒め言葉になりそうだなと。パンフレット未購入なので詳しくはわからないけれど、監督もある程度そこを狙って作っている感じがする。


主人公ノア(慎吾ちゃんのライザップボディが映像に残ってよかったー‼︎)は大体ご機嫌斜めで振り回されてばかり。

番宣などで話題に上ることの多かったエンケンさん渾身の出産シーンも、「これが噂の…‼︎」とは思うけれど意外とこの映画を構成する一部に過ぎない。(エンケンさんはコート脱いだ時点で反則)(足の綺麗さもっと反則)


小さい起承転結は沢山あっても大きな起承転結は見当たらない。訳のわからないことを投げてきてそれを放置して次に進む。でも観続けてしまう。

そういうのって今のエンタメ界では真っ先にボコボコにされるところで、それを三谷さんのように知名度のある人が「それの何がいけないんですかぁ?」としれーっと作ったことが興味深かった。役者さんたちがそれを全力でやっていることも。

「わからないことをわからないまま自分なりに楽しむ」ということが歓迎されない時代になってきているのは、伝統芸能の世界に片足突っ込んでいる身としても痛感するところなのだけど、そこに向かってみた作品なのかなと思った。


スペースエロティックコメディということで(違)、お話書くのが好きな妄想系中学生男子が考えたようなエロ要素は冒頭から早速始まる。

舞台だとはいはいと流せるところが、映像だと観客の逃げ場がないので、その距離感に慣れるのに時間がかかった。それは私が舞台ほど映画に慣れていないせいか、他の人もそうなのかな…?

愛しの段田さん浅野さんも出てきて嬉しいなぁ、、と思っていると突然出てくる実在の某劇場。なぜそこ。

一人で見てて声出して笑ったのはエンケンさん頑張ったシーン、の後のシーン。壮大なはずの空間でみみっちいことしてるし無駄に団結感出してくるー‼︎(どさくさに紛れて暴言吐いてる人もいた気がw)


感動も涙も全米震撼もない。観るのにエネルギー使わないし観ても何も残らない。

くだらなさが突き抜けているわけでもない。マイナスな気分にはならないけど+100ほどでもない、+20くらい?

そういう映画だから観るな‼︎とか絶対観てね‼︎っていうのもそぐわない気がするので

観てもいいんじゃない?

という温度に留める。ぬるい。ぬるくたっていいじゃない。観てもいいじゃない。1位じゃなくっていいじゃない。


歌の上手いカエル星人ズズ(西川れぼれぼ貴教)の上目遣い可愛いよーズズとノエ(綾瀬はるかちゃん)のシーン癒しだよーズズ主役のスピンオフ待ってるよー