読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無記名ドットコム

問われて名乗るもおこがましい

11月歌舞伎公演 通し狂言『神霊矢口渡』

劇場空間でもテロが起こりうる世界なのだということを、どこか他人事にしか捉えられない自分がいて、それだけ平和ボケしていることの危機感もあれば、色んなエンタメを安心して楽しめる国に生まれて来られたことが幸せだなぁとも思う。
これ以上被害が広がりませんように。


国立劇場の歌舞伎公演へ。主役は吉右衛門さん。
f:id:ash105:20151114232500j:image

劇中もこの写真のように階段に片足を踏み出し長袴をばっさーとやって見得を切るのだけど、あれなんであんなに格好良いんだろう。先月の阿古屋でもあったけどもれなく格好良い。
それを播磨屋がやって絵にならないわけがない。


直前まで吉右衛門さんの台詞が危なっかしいという噂を聞いていたのだけど、私が行った日は一箇所思いっきりミスった以外はほぼ大丈夫だった。出だしのえーとかあーとかも少なく声量もあって立派な兵庫之助。

播磨屋一門公演は、吉右衛門歌六吉右衛門又五郎吉右衛門錦之助歌昇種之助米吉、色々な年代同士の組み合わせができて、東蔵芝雀もそれぞれにこの中へ参加して、この組み合わせの幅広さが強みだなぁと改めて感じた。

歌六さんはここに来てどんどんやる役の幅が増えてきたし、かしょ種よねこ若手トリオも着々と力を付けてきて、どのパターンも安心して見られるって大きい。芝雀さん二役とも初役なんだ…‼︎お舟とっくにやってるのかと思った。


兵庫之助のターンでは義太夫狂言お得意の「実は○○」の設定が出てくるんだけど、なんとなく決め手に欠けるお話で、それを役者の力で見せてる感じがした。

お家存続のために我が子を身替りとして殺すというシチュエーションは、寺子屋や熊谷陣屋などよく出来た作品がいくつもあるので、どうしてもそれと比べてしまうと弱いなぁと。復活狂言だし多少はそういうものなんだろう。


後半、近くのおばさまたちが、お舟の可愛さと、ただしイケメンに限るみたいな彼女の行動が面白かったのかずっと矢口渡をコメディ場面として見ていて、ちょっとイライラしてしまった。反省。

その前のお稲荷さまコーンっていう場面が面白かったからその流れだと思ったのかな。

矢口渡で一番盛り上がってたの、頓兵衛が仕掛けを切って狼煙が上がった時の「きゃー煙本物よ本物‼︎あらぁあんなにもくもくしてー」だったからなぁ。そこか、そこなのか。

六蔵とお舟が手負い同士切る切られるしている時も面白そうにしてた。あの二人はそういう役にしか見えなかったんだろう。

そういう反応は仕方ないにしても、それを近くの仲間たちといちいち共有しないでほしい。そうこうしている間にもお芝居進んでますから。シリアスな場面が。あーなんか思い出してきた…


劇場側や主催者は、観客全員観劇初心者のつもりで注意書き配布したほうがいい、なんてツイートが回っていたけど大賛成。映画館でもパトロールの流れてるけど、そういうの流してやっとマシになるものだと思う。コンサート前にも流したほうがいい。

シニア世代は耳が遠いから雑談のボリュームが大きくなってしまうし、飴ちゃん舐めたくなるのも仕方ない(舐めるなとは言わない)けど、ひそひそ話と雑談は違うことだとか、ビニール袋のかさかさ音は携帯の音並みに近所迷惑になることだとか、もう少し気にしてお互い注意しあってくれてもいいのに。若者からは言いにくい。


なんにせよ、しっかりした座組で通しで見ると満足感あるなぁというのが今月の国立だった。

可愛い系よねこも好きだけど美人系よねこも好き。