読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無記名ドットコム

問われて名乗るもおこがましい

七月大歌舞伎〜『荒川の佐吉』『鎌髭/景清』

しれっと観劇メモ再開。

7/23夜、歌舞伎座へ。

久しぶりに連投したのでテキストでまとめておく。

 

f:id:ash105:20160726182754j:image

七月大歌舞伎 | 歌舞伎座 | 歌舞伎美人(かぶきびと)

 

お、大きな海老が…www

(夜の部ね)

 

ここ最近ずっとあやふやな立場でしたが、やっぱり歌舞伎の若手だと右近と巳之助贔屓だということを自覚いたしました( *`ω´)え、後援会?やめて今中村屋にも入ってないんだからそんな(誰も誘ってない)

 

荒川の佐吉

歌舞伎座夜の部は「荒川の佐吉」「鎌髭/景清」。ちと疲れたw 猿之助さん初役の佐吉。ニンではない(と私は思った)のを心理描写のうまさでカバー。

あの系統の拵えすると、3階から見たときの角度が実に香川照之さんねw劇中で中車さん本人も出てくるんだけどしみじみ見比べてしまった

 

巳之助の大工の辰五郎がとても良かった。赤っ面とかで太い声を出すと少し声が拡散してしまうのが気になっちゃうんだけど、ああいう義理人情に厚い江戸っ子似合うなぁ。

三津五郎さんの血を感じたけど、もちろんお父さんとは違うテイストも持ち合わせているので、この方面は今後の強みになりそう。

 

改めて中車さん(香川照之)はやっぱりすごい役者さんなんだなと。もう澤瀉屋の芸風になってるってすごくない?

まだ芝居がかってしまうところはあるし、首や肩の動きがん?ってなる時もあるけど、あの熱演の猿之助さんを説得する役どころをきっちりやれるのってすごいことだなぁ、と思った。

 

荒川の佐吉、猿之助中車巳之助のほか、成川役にえび様 あの低さだと声が安定するから結構好きなんだけど、なんでそんなに棒よm(ry せっかく凄んでもただのかっこつけみたいで勿体無いんじゃーー‼︎懐紙の散り方まで絵のような格好良さだったのに…

 

荒川の佐吉、子役の猿ちゃん?んまい。ちょっと清水大希くん出てきた時のこと思い出した。子役界は有望株増えてきて楽しみ〜長生きしなきゃ←

猿弥さんの鐘馗の親分も良かった。一喝する時とか場内の空気が震えてた。いつか高師直観てみたい!富十郎さんの高師直を継げるのは猿弥さんなのでは

 

鎌髭・景清

鎌髭と景清は海老蔵無双。巨大エビwww 後ろにいた海外の団体様が、途中から「Wow!」「Hoo!」って盛り上がってた。ですよねーわかる。

立派な見得と語尾の声量だけで荒事45分×二本は正直きついんだけど、まぁいっか荒事だし、と楽しく終わった。あれ観てる間に感覚が麻痺するw

 

鎌髭は萬次郎さんほか芸達者がズラッと揃ってるのも楽しい。それに右近さんをあの使い方しちゃうのえび様くらいやで…

微動だにしない景清(海老蔵)に向かって 「Why Japanese people‼︎」

「おーい…お茶」

「第三者の厳しい目で〜」

とネタてんこ盛りwお疲れ様です笑

 

鎌髭、左團次さんが押し戻し的なことやるのはもうきついんじゃ…と思ってたんだけど、揚幕の中からあのしっかりした声が出るんだから、やっぱり歌舞伎役者ってすごい。

それにしても舞踊入れるのはだめだったんだろーか。 2時間超休憩なし・進行テンポも独特な新歌舞伎のあとに荒事二本て。

 

 

歌舞伎座の中の観光地化が著しくてちょっと寂しい気もするファンなのでした。写真売場が完全に埋もれてるの残念すぐる

私的にはそんな感じの七月歌舞伎座でした。流星行きたかったな。

f:id:ash105:20160726184020j:imagef:id:ash105:20160726184043j:imagef:id:ash105:20160726184119j:image